スマートインフラ研究会(SI)

研究会名称スマートインフラ研究会(SI) 区分SPR-A[災研提案型]
委員長高田 至郎(神戸大学名誉教授) 構成員21名
幹事長 高田 至郎(神戸大学名誉教授)
活動目的・内容 都市機能に重要な役割を果たす道路トンネル、橋梁、斜面、電力、通信、上下水道、ガスなどのシステムおよび要素構造を対象に、維持管理、設計法、地震対策、更生工法、センサー、ロボット、自動化等に係る技術の開発・推進に関する研究情報を共有・交換を目的として平成26年度に新設した研究会である。
前年度の活動
 平成28年度における本研究会の活動は、以下のとおりである。
 (1) 講演会の開催
  1) 平成28年10月4日: 「ビッグデータとIoTの活用で何ができるか?」
                    先端技術大学教授     中村 哲
  2) 平成27年1月27日: 「俯瞰型情報基盤の構築と環境・危機管理への利用」
                      中部大学教授     福井弘道
 (2) 定例研究会の開催
  1) 熊本地震の教訓(常田・小池・高田)、平成28年10月4日
 (3) 見学会
  1) ロボット展、ビッグサイト、平成28年10月19日
 (4) 出版準備と執筆活動
    「スマートインフラ最前線」執筆活動(6割進行中)

 

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし