ジオテク研究会

研究会名称ジオテク研究会 区分SPR-A[災研提案型]
委員長松井 保 構成員委員32名 オブザーバー25名
幹事長 林 健二
活動目的・内容 ジオテク研究会では、地盤工学の本質である実際挙動に焦点を当てて、地盤の真の挙動を本質的に追求する。また、得られた知見を実学としての計画・設計・施工に活用することを目的として、以下の事項に関する研究を行うとともに、それぞれに関するプロジェクト事例を収集する。

(1)地盤の同定および可視化に関する研究
(2)地盤に係わる設計に関する研究
(3)地盤に係わる施工に関する研究
前年度の活動

2020年度は、3回の定例研究会をオンライン会議で開催した。

1) 第54回本委員会 2020年9月15日
(1)今年度の活動予定に関する全体協議
(2)技術伝承WGの活動報告
(3)ジオテク講演会の計画
(4)話題提供と討論
「地盤品質判定士制度の新たな展開」
諏訪技術士事務所  諏訪 靖二

2) 第55回本委員会 2020年12月10日
(1)今年度の活動予定に関する全体協議
(2)ジオテク講演会の計画
(3)話題提供と討論
「トンネル天井板アンカーボルトの不具合事例と対応」
阪神高速道路株式会社  吉原 聡

3) 第56回本委員会 2021年3月15日
(1)今年度の活動予定に関する全体協議
(2)ジオテク講演会の計画
(3)新規ワーキンググループについての討論
(4)話題提供と討論
「A.I.よりもサイバー・フィジカルシステム」
大阪産業大学  小田 和広

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし