トンネル調査研究会

研究会名称トンネル調査研究会 区分SPR-A[災研提案型]
委員長松井 保 構成員委員44名 オブザーバー3名
幹事長 川崎 直樹
活動目的・内容 本研究会は、トンネル地山調査・探査に焦点を当てて、トンネル地山の評価技術の開発・適用等に関する研究を行うとともに、トンネル事業の計画・設計・施工・維持管理の合理化・システム化を目指している。具体的なテーマは以下のとおりである。

(1)地盤探査・調査による可視化技術の合理的な適用方法と地盤の解釈・評価技術のシステム化に関する研究
(2)トンネルの事前地盤調査と設計における高精度化と効率化に関する研究
(3)切羽前方探査・ICT技術活用などによる施工段階における地盤調査と地山評価に関する研究
(4)施工前および施工段階の地盤調査結果に基づく計画・設計・施工・維持管理のシステム化とリスクマネジメントに関する研究
前年度の活動

本年度は、研究会を「施工前の計画・設計における地山評価とリスク評価」(第1グループ)、「施工時の地山評価とリスク評価」(第2グループ)の2つの常設グループに分け、下記の活動を行うとともに、評価シミュレーションWG、設計法WGのワークグループの活動も行った。

本委員会
1)第8回本委員会 2019年4月19日
・各G、各WGの活動報告ならびに平成30年度見学会の報告を行うとともに、今後の活動方針について議論した。
・話題提供:「山岳トンネルの地形・地質漫談-特に大土被りトンネルを対象に」 国際航業㈱ 最高技術顧問 大島洋志
2)第9回本委員会 2019年7月23日
・各G、各WGの活動報告を行うとともに、今後の活動方針について議論した。
・話題提供:「物理探査を用いたAI(ニューラルネットワーク)による岩盤等級分類~解析結果続報~」 京都大学大学院教授 大津宏康
3)第10回本委員会 2019年11月1日
・各G、各WGの活動報告を行うとともに、今後の活動方針について議論した。
・話題提供:「ドローンを用いた空中電磁探査」  ㈲ネオサイエンス 城森 明
4)第11回本委員会 2020年2月3日
・各G、各WGの活動報告を行うとともに、今後の活動方針について議論した。
・話題提供:「空中電磁探査を活用したトンネル調査」 大日本コンサルタント㈱ 河戸克志

幹事会
1)第12回 2019年6月27日
・設計法WGの人員補充および常設グループと評価シミュレーションWGの活動内容について議論した。
・令和元年度見学会の調整とともに、今後のスケジュールについて確認した。
2)第14回 2020年1月20日
・リスク講習会の原案および評価シミュレーションWGの活動内容について議論するとともに、今後のスケジュールについて確認した。

各グループ活動
1)第3回1Gミーティング 2019年7月16日
・今後の活動方針および当面の活動内容ついて議論した。
2)第13回 2019年8月26日
・今後の活動方針および当面の活動内容ついて議論した。
3)第4回1Gミーティング 2019年10月25日
・今後の活動方針と当面の活動内容およびリスク講習会の原案について議論した。

各ワーキングクループ活動
1)設計法WGミーティング 2019年10月29日
・執筆方針と新メンバ加入による役割分担およびアンケート実施について議論するとともに、今後のスケジュールについて確認した。
2)評価シミュレーションWGミーティング 2019年10月23日
・研究会としての地質リスクの定義、アンケート実施および今後の取り組みについて議論した。

見学会
1)北海道見学会 2019年9月13日~14日
・ジオテク研究会と合同で現場見学会を開催した。
見学先:
① 北海道新幹線 内浦トンネル工事(北海道山越郡長万部町)
② 厚真町土砂災害現場(北海道勇払郡厚真町)
③ 洞爺湖ジオパーク(北海道虻田郡洞爺湖町)
④ 支笏湖山線鉄橋(北海道千歳市支笏湖温泉) 他

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし