【ハイブリッド開催】「道路橋整備に関する最新の話題と市町村における維持管理」講習会

(一財)災害科学研究所 社会基盤維持管理研究会は、橋梁技術者に対する質・量の向上を目指す支援プログラムの一環として、これまで2年に1回の講習会を開催しています。本講習会では、国土交通省、高速道路会社、市町村が管理する橋梁の現状を広く理解し、実務に携わる橋梁技術者の日常業務に役立ててもらうことを目的に、「道路橋整備に関する最新の話題と市町村における維持管理」講習会を開催いたします。当研究会と一般社団法人近畿建設協会は、平成29年に橋梁の維持管理を担当されている市町村職員を対象とした「道路管理者のための中小規模橋梁の維持管理ハンドブック」を発刊しました。その後、市町村に存在する特徴ある橋梁とその対策の方向性検討・対策事例集、予防保全に向けた新たな対策優先順位策定手法の提案を取りまとめ、この度「市町村が管理する橋梁の維持管理ハンドブック 劣化・損傷、対策事例と対策優先順位策定手法」を発刊しました。本講習会の後半では、この書籍の内容について分かりやすく解説を行います。ご多忙中とは存じますが、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

■日 時:2024年 6月 19日(水)13:15~16:30(会場 12:30)
■会 場:大阪大学中之島センター10F    佐治敬三メモリアルホール
    聴講: Zoom ウェビナー併用
■定 員:①会場 120 名 ②Web 聴講 500 名
■参加費:11,000 円(消費税込) 参加費に書籍代金を含む
■プログラム 【内容はこちらをご確認ください。】

司会 社会基盤維持管理研究会 幹事長 (株)奥村組 守屋 裕兄

13:15 – 13:30 開会挨拶
 社会基盤維持管理研究会 名誉会長 大阪大学名誉教授  松井 繁之

13:30~14:15 
特別講演 「近畿地方整備局におけるインフラ整備等への取組」
国土交通省 近畿地方整備局 企画部長 小島 優 

14:15~15:00 
特別講演 「高速道路における最近の話題」           
株式会社 高速道路総合技術研究所 道路研究部 橋梁研究室 主任研究員 服部 雅史 

15:00~15:10 休 憩

司会 社会基盤維持管理研究会 副幹事長 (株)ピーエス三菱 桐川 潔 

15:10~15:20 
講演「市町村が管理する橋梁の維持管理ハンドブックの特徴と概要」 
社会基盤維持管理研究会 会長 近畿大学 教授 東山 浩士

15:20~15:40 
講演 「事例集の概要、特殊な橋梁・損傷事例とその対策事例」
社会基盤維持管理研究会 幹事 (株)富士技建 水内將司 

15:40~16:00 
講演「新たな対策優先順位策定手法の提案」
社会基盤維持管理研究会 幹事 (株)古市 古市 亨 

16:00~16:25 
講演「判定区分Ⅱの細分化事例集」
社会基盤維持管理研究会 委員 (株)CORE技術研究所 西 弘  

16:25~16:30 
閉会挨拶     
社会基盤維持管理研究会 副会長 神戸市立工業高等専門学校 教授 水越 睦視 

※講演時間、講師等は状況により変更となる場合があります。

■ 資 料:
① 特別講演の資料 
開催3日前頃に入金確認ができた方へダウンロードURLをメール配信いたします。
② 書籍「市町村が管理する橋梁の維持管理ハンドブック 劣化・損傷、対策事例と対策優
先順位策定手法」 書籍について、会場参加の方には当日受付にてお渡しし、オンライ
ン参加の方には事前に郵送します。

■申込方法:下記よりお申し込みください。
(申込期限 5月 27日(月)・入金期限6月3日(月))
https://forms.gle/QbBgTCem3X96w3m18

※お申込後のキャンセルはいたしかねます。参加者の変更は可能です。
※個人情報は、当法人が実施・共催を行う事業・会合等の情報提供以外に使用しません。
動画のスクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします。

■土木学会認定 CPD プログラムの受講証明についての留意事項
継続教育認定(公社)土木学会 2.9単位
【会場参加者】当日講演会終了後に受講証明書をお渡しいたします。
【オンライン参加者】
・ 参加申込み受付と同じ氏名で講演会当日に受講されたことを確認します。
・ 受講して得られた所見(学びや気付き、100 文字以上)を、主催者「災害科学研究所」
 にご提出いただく必要があります。
・ 他団体が運営する CPD 制度に関する内容については回答いたしかねます。

■ 問合先:(一財)災害科学研究所    E-mail:saiken@csi.or.jp TEL:06-6202-5602

<オンライン開催>「インフラ分野のデジタルツイン」講演会

(一財)災害科学研究所では、「AIの土木分野への応用」講習会(2018年11月於大阪)、「AIのインフラ分野への応用」講習会(2019年9月於東京・大阪)を開催し、インフラ分野におけるAIの基礎と具体例を学んで頂きました。さらに、「インフラ分野におけるDX -AI活用からDX推進へ-」講演会(2021年11月オンライン)、「インフラ分野におけるDX -変革に向けて-」講演会(2022年9月オンライン)、「インフラ分野におけるDX-現在地を探る2023-」講演会(2023年11月オンライン)を開催し、DXの世界的な流れや実績・課題とインフラ分野における具体的なデジタル技術の活用と課題について認識して頂きました。
 周回遅れと評価されていた日本は、猛烈なスピードで企業のデジタル化を進め、社会へ実装する段階に進みつつあります。デジタル化の先にあるDXの恩恵を真に受けるためには社会変革が必須とされており、将来のDX最終形の一つとして「デジタルツイン」が注目され、社会実装の為に環境整備が進められています。今回の講演会では、大学、デジタルツイン技術を提供する主要な企業、DXを進める建設企業から講師を迎えて、実例をもとに「最先端のデジタルツイン」、「インフラ分野への適用」、「デジタルツイン構築時の課題」などの講演を頂き、デジタルツインの現状を探ります。また、最先端のデジタルツインから見えてくる明日の姿、DXの最終形を共有させて頂きます。
 本講演会を通じて、皆様にDXの最終形を実例に沿って把握して頂くと共に、現状のDXを再認識して頂き、実務適用を促進して頂ければ幸いです。奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます。

❏日 時 : 2024年6月7日(金)13:00~17:25
❏場 所 : オンライン開催(Zoomウェビナー利用)
❏参加費:4,000円
❏内 容 :詳細はこちら
❏プログラム
13:00-13:10
はじめに                                     
災害科学研究所 理事長  松井 保

13:10-13:40
「インフラ分野のデジタルツイン」
大阪産業大学工学部 教授 小田和広

13:40-14:10
「シミュレーション駆動型のデジタルツイン」
神戸大学名誉教授 飯塚 敦

14:10-14:40
「デジタルツインによるインフラDXの現状」
オートデスク株式会社 アジア太平洋地域土木事業開発部 統括部長  福地良彦

14:40-15:10
「鹿島建設のデジタルツイン」 
鹿島建設株式会社 土木管理本部 土木技術部 BIM/CIM推進グループ  前田宗宏

15:10-15:40
「清水建設のデジタルツイン」
清水建設株式会社 土木企画室 デジタル戦略推進部 柳川正和

15:40-15:45 休憩

15:45-17:15
パネルディスカッション「インフラ分野のデジタルツイン」
コーディネーター:                          大阪産業大学工学部 教授 小田和広
パネリスト      :                                    神戸大学名誉教授 飯塚 敦
オートデスク株式会社 アジア太平洋地域土木事業開発部 統括部長 福地良彦
鹿島建設株式会社 土木管理本部 土木技術部 BIM/CIM推進グループ 前田宗宏
清水建設株式会社 土木企画室 デジタル戦略推進部 柳川正和

17:15-17:25
 閉会挨拶                                   
 災害科学研究所 研究員  坂上敏彦

※ 講演時間、講師等は状況により変更となる場合があります。

■ テキスト:開催3日前頃に、入金確認できた方にダウンロードURLをメール配信します。
■ 参加費:4,000 円
■ 参加申込み:下記アドレスよりお申し込みください。 (申込〆切日は5月28日(火)
https://forms.gle/TLXR7voP4wA642L87

※個人情報は、当法人が実施・共催を行う事業・会合等の情報提供以外には使用いたしません。
※継続教育認定(公社)土木学会 4.0単位
動画のスクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします。

※土木学会認定 CPD プログラムの受講証明書についての留意事項
・参加申込み受付と同じ氏名で講演会当日に受講されたことを確認します。
・受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上で主催者「災害科学研究所」へ
ご提出いただく必要があります。所見の書式は自由です。
・土木学会以外の団体に受講証明書を提出する場合の方法等は提出団体先に事前にご確認
ください。他団体が運営する CPD 制度に関する内容については回答いたし兼ねます。

問合先:(一財)災害科学研究所
E-mail:saiken@csi.or.jp TEL:06-6202-5602

受付終了【ハイブリッド開催】第20回ジオテク講演会

講演会テーマは「社会基盤整備に係る課題と対策」です。また、キーワードは「地下埋設物」と「軟弱地盤」です。最初の講演では地下埋設インフラのマネジメントについて講演していただきます。その後の講演では、軟弱地盤に焦点を当て、地盤改良工法、海面処分場の埋立地盤特性、浚渫粘土層の圧密沈下について講演していただきます。奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。なお、講演会はハイブリッド形式で開催いたしますので、対面あるいはオンラインでご参加ください。

日 時 : 令和6年4月16日(火)13:00~17:00
場 所 : 大阪大学中之島センター7階セミナー室 
    ハイブリッド形式:Zoomウェビナー併用
参加費:4,000円
内 容 :詳細はこちら

13:00~13:10 
開会挨拶 理事長 松井 保
13:10~14:00 
講演「地下埋設インフラの統合的マネジメント構想」
大阪大学大学院工学研究科 教授 貝戸 清之
14:00~14:50 
講演「サンドコンパクションパイル(SCP)工法の変遷と施工例」
株式会社不動テトラ 大阪支店 地盤研究室長 江副 哲
15:10~16:00 
講演「海面処分場埋立地盤の強度変形特性と有害物質の動態」
大阪大学大学院工学研究科 教授  乾 徹
16:00~16:50 
講演「夢洲2区(万博用地)の浚渫粘土層の圧密沈下予測」
大阪公立大学都市科学・防災研究センター 特任教授 大島 昭彦
17:00~ 閉会

■ 申込方法:

下記URLよりお申込みください。(申込期限4月5日(金)) https://forms.gle/TmM4rxreyAnmWyNj7
(申込期限 4月 5日(金))

■ テキスト:開催4日前頃に、入金確認できた方にダウンロードURLをメール配信します。

※個人情報は、当法人が実施・共催を行う事業・会合等の情報提供以外に使用しません。                                      ※継続教育認定(公社)土木学会 3.4単位
動画のスクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします。

※土木学会認定 CPD プログラムの受講証明書についての留意事項
・参加申込み受付と同じ氏名で講演会当日に受講されたことを確認します。
・受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上で主催者「災害科学研究所」へご
 提出いただく必要があります。所見の書式は自由です。
・土木学会以外の団体に受講証明書を提出する場合の方法等は提出団体先に事前にご確認
 ください。他団体が運営する CPD 制度に関する内容については回答いたし兼ねます。

お問合せ
(一財)災害科学研究所 大阪市中央区高麗橋4-5-13淀屋橋サテライトビル8F
TEL:06-6202-5602 FAX:06-6202-5603  E-Mail:saiken@csi.or.jp

<終了>(オンライン開催)空港のバリアフリー化における新たな試み~関西における当事者参画を中心に~

空港のバリアフリー化は、空港整備において本格的な障害当事者参画が初めて実施された中部国際空港に始まり、⽻⽥国際空港、成⽥国際空港において新たな課題に対して当事者参画による 様々な試みがなされてきました。関⻄国際空港においては、これらの成果を踏まえて、2025年春グランドオープン(主要機能完成)に向けた取り組みが進んでいます。このような状況下において、本セミナーにおいては、空港のバリアフリー化における新たな試みについて、当事者参画の⽅法や新技術の開発などの⾯から情報交換を⾏い、今後の更なるバリアフリー化の進展に向けた知⾒を得ることを目的とします。

■日 時:2023年11月17日(金)13:30~16:40
■場 所:オンラインZOOM
■参加費:無料
■プログラム
詳細はこちらをご確認ください。
【オープニングスピーチ】
新⽥保次
(交通まちづくり学研究会代表、⼤阪⼤学名誉教授)
三星昭宏
(移動等円滑化評価会議近畿分科会前会⻑、近畿⼤学名誉教授)
【講演】
①関⻄国際空港のリノベーション
鍜治達弘(関⻄エアポート株式会社T1リノベーション部サブリーダー)
②当事者主体の中部国際空港のユニバーサルデザイン
磯部友彦(中部⼤学教授)
③関⻄国際空港バリアフリー化と当事者参画の意義・課題
尾上浩⼆(DPI⽇本会議副議⻑)
④ナビレンズを⽤いた神⼾空港における障害のある⼈や外国⼈の誘導実験
北⼭ともこ(株式会社アクセスムーブコンフォートCTO)
【パネルディスカッション】
「⼤規模プロジェクトにおける当事者参加のあり⽅
∼関⻄空港リノベーションの経験を踏まえて」
コーディネーター ⽯塚裕⼦(東北福祉⼤学教授)パネリスト
六條友聡(社会福祉法⼈ぽぽんがぽん)
尾濱由⾥⼦(障害者⾃⽴⽣活センター・スクラム)
吉川ひとみ(アクセス関⻄ネットワーク)
渡部安世(特定⾮営利活動法⼈兵庫県難聴者福祉協会)
永⼭あゆみ(関⻄エアポート株式会社T1リノベーション部係⻑)
【クロージングスピーチ】
北川博⺒
(⽇本福祉のまちづくり学会関⻄⽀部⻑、近畿⼤学准教授)

■申込方法【申込〆切:11月13日(月)17:00まで】
以下のリンクよりお申込をお願い致します。
https://forms.gle/RgUUQxFPCpXfQHXf6

【問い合わせ先】
北川博⺒(近畿⼤学総合社会学部)
E-mail: h_kitagawa@socio.kindai.ac.jp
TEL:06-6721-2332(代表)内線3286


<終了>オンライン開催「インフラ分野におけるDX-現在地を探る2023-」講演会

(一財)災害科学研究所では、AIの土木分野への応用」講習会(2018年11月 於大阪)、「AIのインフラ分野への応用」講習会(2019年9月 於東京・大阪)を開催し、インフラ分野におけるAIの基礎と具体例を学んで頂きました。さらに、「インフラ分野におけるDX -AI活用からDX推進へ-」講演会(2021年11月 オンライン)、「インフラ分野におけるDX -変革に向けて-」講演会(2022年9月 オンライン)を開催し、DXの世界的な流れや実績・課題とインフラ分野における具体的なデジタル技術の活用と課題について認識して頂きました。
 日本全体でデジタル化が急速に進むなか、企業におけるDXは実装フェーズに入っていると言えます。しかし同時に、「2025年の崖」の克服や、DXを推進する際にさまざまな課題を抱えている企業も少なくありません。いま、求められるのは他者との差別化より、情報の共有化を進め如何に速やかにDXを推進するかにかかっています。
 今回の講演会では、インフラ分野のDXが、どの様に進められ、どのフェーズに達しているのかを、企画、測量、調査、設計、施工の各分野における講師を迎えて、実例をもとに講演頂き、DXの現在地を探ります。また、DXを進めることで見えてくる明日の姿を共有させて頂きます。たとえば、企画、測量、調査、設計、施工の一連の流れにおいて、それぞれが縦割りされている弊害を取り除く、いわば横糸の役割をDXが果たしてくれる新たな産業構造が見えて来るかもしれません。
 本講演会を通じて、皆様にDXの現状を実例に沿って把握して頂くと共に、最適なDXを見つけ出して、速やかに実務に適用して頂ければ幸いと考えております。皆様におかれましては、奮って参加して頂きますよう、お願い申し上げます。

※参加者の皆様へ
11/13(月)事務局より「資料ダウンロードURL」と「オンライン参加者用:Zoomウェビナー登録URL」をメール配信しております。
メール未着の場合は、事務局 06-6202-5602までお知らせください。

CPD受講証明書について
11/15(水)講習会終了後に、CPD申請画面へうつります。受講して得られた所見(学びや気付き)100文字以上と必要事項を入力し、申請をお願い致します。なお、受講証明書につきましては、所見の確認が取れた方から準備でき次第、メールでお送り致します。

❏日 時 : 2023年11月15日(水)13:00~17:10
❏場 所 : オンライン開催(Zoomウェビナー利用)
❏参加費:4,000円
❏内 容 :詳細はこちら
❏プログラム
13:00-13:30
はじめに                                     
災害科学研究所 理事長  松井 保

13:35-14:10
「国土交通省におけるインフラDXの取り組みと今後の普及推進について」
国土交通省 近畿地方整備局企画部長  小島 優

14:15-14:50
「測量分野におけるDXの課題と現状ー3次元データによるモデリングとモニタリングー」国際航業(株) LBSセンシング事業部モニタリング部長 佐藤 渉

14:55-15:30
「地質調査分野におけるDXの課題と現状」
基礎地盤コンサルタンツ(株) 技術本部技術副本部長 尾高 潤一郎

15:35-15:40 休憩

15:40-16:15
「設計分野におけるDXの現状と課題」
(株)建設技術研究所 大阪本社上席技師長 中上 宗之

16:20-16:55
「施工現場におけるDX推進の現状と課題」
(株)大林組 本社土木本部先端技術推進室技術開発部長 元村 亜紀

17:00-17:10
 閉会挨拶                                   
 災害科学研究所 研究員  坂上敏彦

※ 講演時間、講師等は状況により変更となる場合があります。

■ テキスト:開催3日前頃に、入金確認できた方にダウンロードURLをメール配信します。
■ 参加費:4,000 円
■ 参加申込み:下記アドレスよりお申し込みください。 (申込〆切日は11月6日(月)
https://forms.gle/GTUSZZY9BPW3AZuF8

※個人情報は、当法人が実施・共催を行う事業・会合等の情報提供以外には使用いたしません。
※継続教育認定(公社)土木学会 取得中
動画のスクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします。

※土木学会認定 CPD プログラムの受講証明書についての留意事項
・参加申込み受付と同じ氏名で講演会当日に受講されたことを確認します。
・受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上で主催者「災害科学研究所」へ
ご提出いただく必要があります。所見の書式は自由です。
・土木学会以外の団体に受講証明書を提出する場合の方法等は提出団体先に事前にご確認
ください。他団体が運営する CPD 制度に関する内容については回答いたし兼ねます。

問合先:(一財)災害科学研究所
E-mail:saiken@csi.or.jp TEL:06-6202-5602

<終了>【ハイブリッド形式】EUと日本における構造物の補修に関するワークショップin大阪  

(一財)災害科学研究所J-ティフコム技術研究会では、橋梁等構造物、特に既設橋梁床版部材の延命化を図る一手法として、劣化因子を遮断、かつ構造部材の剛性向上も見込めるUHPFRCに着目した補修・補強工法を研究開発しております。コンクリート構造物の長寿命化には劣化因子を遮断できる緻密な構造体の形成によるプロテクトが必要であり、このような材料を現場で供給できる体制が求められております。特に重要路線を管理する高速道路会社の橋梁では大規模な床版の更新も進められておりますが、全国には直ちに対策が必要な高齢の橋梁もまだまだ膨大にあることから、早期に補修補強できる工法の構築も必要となります。
このような現状を踏まえ、本研究会では、UHPFRCの材料開発および現場製造技術を構築したスイス連邦工科大学のブリュービラー教授をお招きし、EUにおける橋梁の補修の現状と最近の動向についてご講演いただくとともに、併せて、日本の橋梁の長寿命化に向けた動向や橋梁床版の更新および補修・補強に関する最新の知見を提供することを目的に各方面の方々からのご講演をお願いしております。関係技術者の皆様にとって有意義な機会となると考えておりますのでご多忙とは存じますが、多くの方々にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

※参加者の皆様へ
8/23(水)事務局より「資料ダウンロードURL」と「オンライン参加者用:Zoomウェビナー登録URL」をメール配信しております。
メール未着の場合は、事務局 06-6202-5602までお知らせください。
講演会当日、会場での資料配布はございませんので、ご了承ください。

※【オンライン参加者のみなさまへ】
CPD受講証明書について8/25(金)講習会終了後に、CPD申請画面へうつります。受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上と必要事項を入力し、申請をお願い致します。

■日 時:2023 年 8月 25日(金)13:30~16:50(接続開始 13:15)
■会 場:大阪大学中之島センター10F    佐治敬三メモリアルホール
    (※聴講は Zoom ウェビナー併用)
■定 員:①【受付終了】会場 150 名 ②【受付終了】Web 聴講 300 名は定員に達しました。
■参加費:
「ワークショップin大阪」無料(講演資料を含む)
「懇親会」6,000円(定員80名、先着順)

■プログラム 【内容はこちらをご確認ください。】
13:30 – 13:40 開会挨拶
J-ティフコム技術研究会 顧問 大阪大学名誉教授  松井繁之

13:40 – 14:05
「道路の老朽化対策に関する最近の話題」
国土交通省 近畿地方整備局 道路保全企画官 岡本泰尚  

14:05- 14:30
「阪神高速におけるUFC床版の活用」
阪神高速道路株式会社 技術部 テクニカルエキスパート(技術推進総括課長) 小坂 崇

14:30 – 14:55
「西日本高速道の橋梁床版における更新の取組みと課題」
西日本高速道路株式会社 技術本部技術環境部 構造技術課 調査役 宮田弘和

14:55 – 15:05<休憩>

特別講演
15:05 – 15:55
「欧州におけるコンクリート橋梁構造物の補修・補強に関する研究報告」 
スイス連邦工科大学ローザンヌ校 教授 ブリュービラー

特別講演
15:55 – 16:20
「樹脂注入によるRC床版の補修に関する検討」
近畿大学 教授 東山浩士

16:20 – 16:45
「UHPFRCで補修を施したコンクリート床版の押し抜きせん断試験」
J-ティフコム技術研究会委員長 北海道大学  教授 松本高志

16:45– 16:50 閉会挨拶
J-ティフコム技術研究会副委員長 合田 裕一

※講演時間、講師等は状況により変更となる場合があります。

申込方法:下記よりお申し込みください。(申込期限 8月 16日(木))
https://forms.gle/KAxpYqWB3DtUrWZLA

※個人情報は、当法人が実施・共催を行う事業・会合等の情報提供以外に使用しません。                                      ※継続教育認定(公社)土木学会 3.0単位
動画のスクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします。

<終了>ハイブリッド形式「地盤調査・探査手法の最前線および地質情報のDX による連携」講演会

(一財)災害科学研究所トンネル調査研究会では、主に比抵抗探査および弾性波探査を対象とし、トンネル地山の事前調査としての有効性や高精度化ならびに解釈・評価の高度化を目指すとともに、施工段階調査における切羽前方探査にも焦点をあて、トンネル事業の合理的な進め方やトンネル地山の諸地質現象に関する事例調査・分析、施工中のトンネルを利用した現地調査・実験を進めてきました。それらの成果は、「地盤の可視化と探査技術(2001)」、「地盤の可視化技術と評価法(2009)」、「トンネル技術者のための地盤調査と地山評価(2017)」に取りまとめています。また近年では、「地質・地盤リスクマネジメント」の今後のあり方、方向性などを考える活動を行っており、昨年度は主に施工段階に的を絞って、「切羽前方探査の最前線およびDX時代の地山評価と利活用」講演会を開催しました。一方、調査段階においても調査手法の新技術や地山評価における AI や DX への対応も種々研究されている状況下において、地盤調査・探査手法、ならびに調査~設計~施工における地質情報の DX による連携に関する最新の知見を提供する目的で、本講演会を企画いたしました。トンネル技術者のみならず、地質・地盤に興味のお持ちの技術者にとって有意義な機会となると考えております。ご多忙中とは存じますが、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

オンライン参加者のCPD受講証明書について
7/6(木)以降、所見の確認ができた方から、CPD受講証明書をお送り致します。

※参加者の皆様へ
6/30(金)事務局より「資料ダウンロードURL」と「オンライン参加者用:Zoomウェビナー登録URL」をメール配信しております。
メール未着の場合は、事務局 06-6202-5602までお知らせください。
講演会当日、会場での資料配布はございませんので、ご了承ください。

■日 時:2023 年 7 月 4 日(火)10:30~16:45(接続開始 10:00)
■会 場:大阪大学中之島センター10F    佐治ホール
    (※聴講は Zoom ウェビナー併用)
■定 員:①会場 100 名 ②Web 聴講 150 名
■参加費:5,000円
■プログラム 【内容はこちらをご確認ください。】
10:30 – 10:40 「はじめに」
(一財)災害科学研究所 理事長 松井 保
第 1 部:地盤調査・探査手法の最前線
10:40 – 11:10
「ドローン空中電磁探査による地質調査」
有限会社ネオサイエンス 城森 明
11:10 – 11:40
「3 次元電気探査による高精度の地盤モデル構築に向けた取り組み」
応用地質株式会社 櫻井 健
11:40 – 12:10
「ハイブリッドボーリング工法による地盤調査への最新の取り組み」
ハイテック株式会社 朴 春澤
12:10 – 12:40
「原位置試験による岩盤応力と変形特性の評価法」
株式会社安藤・間 川久保 昌平
12:40 – 13:30 <昼休み>
特別講演
13:30 – 14:30
「テキストマイニングから読み解く調査~設計~施工への地質情報の伝達方法の提案」
関西大学 北岡 貴文
第 2 部:地質情報の DX による連携
14:30 – 15:00
「地形判読の基本と活用事例」
株式会社ダイヤコンサルタント 東 篤義
15:00 – 15:30
「地質DX における点群データと”SV マップ”の活用」
中央開発株式会社 上原 大二郎
15:30 – 16:00
「道路ルート検討段階における地質リスク検討の重要性」
基礎地盤コンサルタンツ株式会社 永川 勝久
16:00 – 16:30
「山岳トンネルにおけるBIM/CIM 導入事例」
川崎地質株式会社 尾嵜 聡史
16:30 – 16:45
「今後の展望」
京都大学名誉教授 大津 宏康

※講演時間、講師等は状況により変更となる場合があります。

申込方法:下記よりお申し込みください。(申込期限 6月 23日(金))
https://forms.gle/NJMkGf2HHq7cEixN7

※個人情報は、当法人が実施・共催を行う事業・会合等の情報提供以外に使用しません。                                      ※継続教育認定(公社)土木学会 5.4単位
動画のスクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします。

※土木学会認定 CPD プログラムの受講証明書についての留意事項
・参加申込み受付と同じ氏名で講演会当日に受講されたことを確認します。
・受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上で主催者「災害科学研究所」へご
提出いただく必要があります。所見の書式は自由です。
・土木学会以外の団体に受講証明書を提出する場合の方法等は提出団体先に事前にご確認
ください。他団体が運営する CPD 制度に関する内容については回答いたし兼ねます。

<終了>【オンライン開催】第19回ジオテク講演会

講演会テーマは「社会基盤整備に係る課題と対策」です。また、キーワードは「軟弱地盤」と「震災・耐震」です。講演会の前半は軟弱地盤におけるトンネル施工や鉄道建設工事について講演していただき、後半はモノレールの耐震対策と巨大地震の事前復興について講演していただきます。奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

CPD受講証明書について
6/1(木)以降、所見の確認ができた方から、CPD受講証明書をお送り致します。

日 時 : 令和5年5月31日(水)13:00~17:00
場 所 : オンライン開催(Zoomウェビナー利用)
参加費:4,000円
内 容 :詳細はこちら

13:00~13:10 
開会挨拶 理事長 松井 保
13:10~14:00 
講演「CIMの適用による脆弱な盛土直下でのトンネル施工」
前田建設工業株式会社 関西支店  大西 隆司
14:00~14:50 
講演「大阪駅うめきたエリアの鉄道建設工事と地盤的課題」
西日本旅客鉄道株式会社 大阪工事事務所   金子   雅
15:10~16:00 
講演「大阪モノレールの耐震対策と地震被災度推定システムの開発」
大阪モノレール株式会社       森川 佳則 三宅   潤
株式会社建設技術研究所 大阪本社         松本 崇志
16:00~16:50 
講演「南海トラフ巨大地震に備える~宇和海沿岸地域における事前復興の取り組み~」
愛媛大学 防災情報研究センター 特定教授  山本 浩司
17:00~ 閉会

申込方法:下記よりお申し込みください。(申込期限 5 月 24日(水))
https://forms.gle/6nt8YommSkJF5z7w9

※個人情報は、当法人が実施・共催を行う事業・会合等の情報提供以外に使用しません。                                      ※継続教育認定(公社)土木学会 3.4単位
動画のスクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします。

※土木学会認定 CPD プログラムの受講証明書についての留意事項
・参加申込み受付と同じ氏名で講演会当日に受講されたことを確認します。
・受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上で主催者「災害科学研究所」へご
提出いただく必要があります。所見の書式は自由です。
・土木学会以外の団体に受講証明書を提出する場合の方法等は提出団体先に事前にご確認
ください。他団体が運営する CPD 制度に関する内容については回答いたし兼ねます。

<6/25オンライン開催>2023年度技術士第二次試験(建設部門)必須科目セミナー

必須科目では記述式問題が出題されます。従来から必須科目で問われてきた分野だけでなく、最新の時事的なテーマの対策も必要です。当セミナーでは、出題分野と出題の情報源となる 資料を紹介し、各資料のどの部分がどのような設問として問われうる のかを解説します。また、それらの文献を利用して、高得点となる具体的な答案の書き方も紹介します。わずか1日で合格点を獲得する知識とノウハウが学べます。
詳細はこちらをご覧ください。

【セミナーの内容】
1.出題予想分野、
過去の必須科目(記述式)の分析
2.出題予想テーマ1
(1)文献紹介、(2)問われうる内容、(3)解答すべき内容
3.出題予想テーマ2
(1)文献紹介、(2)問われうる内容、(3)解答すべき内容
4.出題予想テーマ3
(1)文献紹介、(2)問われうる内容、(3)解答すべき内容
5.出題予想テーマ4
(1)文献紹介、(2)問われうる内容、(3)解答すべき内容
6.出題予想テーマ5
(1)文献紹介、(2)問われうる内容、(3)解答すべき内容

【開催方法、日程】
021 オンライン開催(Zoom使用)
2023年6月25日(日)
13:00~16:45 動画講義(6/26~7/9の間、見逃し配信有、復習としても視聴可能)
16:45~17:00 質疑応答

【受講料】40,000円/人
※参加者少数の場合は開催中止となる場合(開催の1週間前までに決定します)がござ
 います。
※開催中止の場合を除き、お申込後のキャンセルはいたしかねます。
※テキストは事前に郵送いたします。

【申込期限】
6/25に受講希望の方:6/14 (水)
6/26~7/9 の見逃し配信視聴のみご希望の方: 6/26 (月)

【お申込み方法】申込フォーム 以下のURLよりお申込み下さい。
https://forms.office.com/r/WkSreHxtKK

【お問合せ 】
(一財)災害科学研究所
〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4-5-13 淀屋橋サテライトビル8F
TEL06-6202-5602  E-Mail:saiken@csi.or.jp


<終了>第48回 交通まちづくり学研究会 講演会「電動マイクロモビリティの動向と課題」

本年7月、改正道路交通法の施行により「特定小型原動機付自転車」という新たな区分が設けられ、電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティの交通ルールが変わります。便利で気軽な交通手段である一方、利用者のルール・マナー違反や走行空間の問題など、課題も残されています。そこで、この機会に電動マイクロモビリティの動向と課題について考える講演会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。
詳細はこちらから<受付終了>

日 時:令和5年3月31日(金)14:00~16:00
定 員:先着100名(令和5年3月28日〆切)
    下記URLよりお申込みください。
    https://forms.gle/AZJBrn78gPCEKjw89
参加費:無料

【プログラム】
講演①
電動マイクロモビリティ事業紹介及び市場動向と今後  
         株式会社Luup 事業推進部 木下花音
講演②
電動マイクロモビリティの動向と交通まちづくりにおける課題
        大阪公立大学大学院 工学研究科 准教授 吉田長裕
質疑応答とクロストーク