土工構造物の性能向上技術普及研究会

研究会名称土工構造物の性能向上技術普及研究会 区分SPR-A[災研提案型]
委員長常田 賢一 構成員49名
幹事長 近藤政弘
活動目的・内容 本研究会は、豪雨および地震などによる盛土・土工構造物の被害の軽減、防止のために、必要かつ効果的な性能向上技術の具体化を図るとともに、開発技術の公表・普及に努め、安全・安心な社会の構築・保全に資することを目的とする。
前年度の活動
 平成29年度は、2回の定例研究会(5月、12月)を開催した。また、5つのワーキンググループによる研究活動を実施した。さらに、研究・開発成果を公表・普及するため、「技術セミナー:落石等の安全確保に関する最近の動向」を9月に広島で開催した。

(1)第7回研究会

日    時:平成29年5月26日 (火)9:30-12:15

場    所:大阪大学中之島センター 7階会議室

話題提供:「高速道路高盛土の設計・施工の事例」

田山 聡 (NEXCO西日本)

 

(2)第8回研究会

日    時:平成29年12月1日 (金)14:30-18:00

場    所:ジェイアール西日本コンサルタンツ 会議室

話題提供:「鉄道における土構造物の技術開発~耐震を中心に~」

小島 謙一 (鉄道総研)
今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし