管路耐震設計基準の性能設計化研究会

研究会名称管路耐震設計基準の性能設計化研究会 区分SPR-A[災研提案型]
委員長小池 武 構成員25名
幹事長 長谷川 延広
活動目的・内容 本研究会は、ISO国際標準化による性能設計法への動向を鑑みて、上水道管路の原現行耐震設計基準を対象に、事業者・設計技術者・防災技術者などが、基準の荷重作用・設計法の性能設計化、限界状態と管路性能照査、技術開発などに関する研究情報の共有の推進、性能設計に向けての課題の明確化、などを目的として2018年度~2021年度に設立を計画している研究会である。
前年度の活動

2019年度は、性能設計に関わる研究会・定例講演会を開催するとともに、日本の水道設計指針の性能設計化について研究会の主張を具体化するため、研究会会員からのアンケート意見に基づいて、修正すべき課題を抽出し、それをどう改善するか、学術論文の形式で提案書を作成し、論文としてまた学術会議の席で発表して、関心のある識者の意見を伺う活動を行った。とくに、水道設計指針に関係する学術会議として、水道研究発表会および土木学会学術発表全国大会、地震工学研究発表会において、論文発表するとともに、2編の学術論文を投稿し、掲載可となった。

搭載予定論文名は、
「地中配水池の耐震安全性能照査法提案」
「水道施設耐震工法の性能設計化試論」

2019年度定例研究会および特別講演会では、地震動のモデル化、ライフライン性能設計の考え方、地下配水池の動的挙動解析と簡易解析の比較など、性能設計の詳細部分に関わる知見についての研究会・講演会を行い、性能設計法の新提案に関する具体的知見を収集した。

以上により、当初計画どおりに下記の3課題を履行することができた。

(1)研究会内容についてのアンケート・議論(論文テーマ抽出)
(2)性能設計に関わる研究会定例講演会の開催 (定例研究会・特別講演会実施)
(3)現行管路耐震設計基準の課題についてのグループ別作業

管路性能耐震信頼性設計への提案 (2編の学術論文掲載可、学術会議発表)

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし