管路耐震設計基準の性能設計化研究会

研究会名称管路耐震設計基準の性能設計化研究会 区分SPR-A[災研提案型]
委員長小池 武 構成員25名
幹事長 長谷川 延広
活動目的・内容 本研究会は、ISO国際標準化による性能設計法への動向を鑑みて、上水道管路の現行耐震設計基準を対象に、事業者・設計技術者・防災技術者などが、基準の荷重作用・設計法の性能設計化、限界状態と管路性能照査、技術開発などに関する研究情報の共有の推進、性能設計に向けての課題の明確化、などを目的として平成30年度~平成33年度に設立を計画している研究会である。
平成30年度では、性能設計指針を取り巻く、国内・世界の現状について情報収集、学習を行う。
平成31年度では、日本の水道設計指針について、荷重作用・要求性能・限界状態・設計計算法・性能信頼性照査法を整理して課題を抽出する。2年間の成果を中間報告としてまとめる。下水道・ガス指針も参照する。
平成32年度では、性能設計世界標準に対応しうる、現状管路指針における、荷重作用と管路継手・管材特性の不確定性、設計要求性能、限界状態、確率照査法、などについて提案する。最終的には、「報告書:地中管路耐震設計基準の性能設計化に向けて」を作成する。
具体的な活動内容は、以下のものを予定している。
(1)研究会活動内容についてのアンケート・議論
(2)性能設計に関わる研究会定例講演会の開催
(3)現行管路耐震設計基準の課題についてのグループ別作業
(4)管路性能耐震信頼性設計への提案
前年度の活動

【新規発足につき未定】

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし