鋼橋の強度評価法に関する研究会(USSB)

研究会名称鋼橋の強度評価法に関する研究会(USSB) 区分SPR-A[災研提案型]
委員長西村 宣男 構成員12名
幹事長 小野 潔
活動目的・内容 平成23年度に、道路橋示方書の許容応力度体系版が通達された。今後、道路橋示方書に関する検討は、限界状態フォーマット版に移行していくと考えられる。道路橋示方書の鋼部材の耐荷力規定については、今回の改訂で柱の耐荷力曲線が約40年ぶりに改訂されたが、①限界状態フォーマットになじまない規定が存在する、②部材により耐荷力曲線の安全率が異なっている等、より合理的な鋼部材の設計を行う上で、改善すべき事項も少なからず残されている。また、ケーブルの安全率については、PC橋と鋼橋で破断に対する安全率が大きく異なり、その整合をとることが求められている。
前年度の活動

平成27年度に部分係数フォーマット版の道路橋示方書の改定が行われた。その改定では耐荷力曲線の見直しも行われているが、より合理的な鋼部材の設計を行ううえで今後改定した方が良い事項も少なからず残されている。

そこで、本研究会では、今までの検討に引き続き、主として以下の(1)、(2)の項目について、研究者と実務設計者の協力によって設計法の提案のための検討を行い、より合理的な設計基準の整備に貢献することを目的に検討を実施した。

(1) 鋼橋の合理的な耐荷性能評価法開発のための検討

(2) 新材料の鋼橋の適用に関する検討

さらに、本研究会の研究成果を、論文への投稿、国内外のシンポジウムでの発表等を実施または計画しており、多くの研究者・技術者の利益の増進に寄与するように努めている。

 

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし