AI応用研究会

研究会名称AI応用研究会 区分SPR-A[災研提案型]
委員長古田 均 構成員17名
幹事長 野村 泰稔
活動目的・内容 本研究会は、現在多くの注目を浴びている人工知能(Artificial Intelligence; AI)の土木・建築・情報分野への応用の可能性について研究を行うことを目的とする。本研究会では、本当にAIが我々の生活や社会に役に立つのかを、具体的に調査・検討することを試みる。まず、AIの基礎について学習し、そして現在のAIの実情について調査を行う。次に、AIの最新技術について検討し、その応用法について実例をもとに評価検討をする。具体的な応用分野としては、知能ロボット、故障診断、画像理解、教育システム、音声理解、自然言語理解、等が考えられ、各課題に対する実用的AIの開発も試みる。
前年度の活動

【新規発足につき未定】

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし