J-ティフコム技術研究会

研究会名称J-ティフコム技術研究会 区分SPR-B[共同提案型]
委員長松本 高志 構成員30名
幹事長 三田村 浩
活動目的・内容 近い将来安全性を損ねると予想される鋼構造物の床版補強およびコンクリート構造物、特に既設橋梁のCO部位に対する補修・補強工法の一手法として、損傷に起因する劣化因子を遮断してかつ剛性向上も見込める超緻密高強度繊維補強コンクリート(以下:J-ティフコム)の研究開発を行ってきた。

2019年度はこのJ-ティフコムを広く普及するため、過年度に編集したJ-ティフコムの設計・施工マニュアル(案)の付属資料を補完するための物性試験(EPMA)を実施しマニュアルの充実化を図る。また、高速道路橋の夜間の補修工事に適応する1.5時間で硬化する超速硬型J-ティフコムの配合検討を実施するとともに、鋼床版の疲労耐久性向上効果を確認するための実物大の輪荷重走行試験を実施しその効果について検証する。さらに、本材料の評価向上のため技術審査(NETIS)に登録し、全国への普及を促し、我が国の国土強靭化の礎となるよう研鑽することを目的とするものである。
前年度の活動

2019年度の活動報告

1)J-ティフコムの普及に資する設計・施工マニュアル(暫定案)の補完について検討を行った。

マニュアル作成集中WG
第1回:2019年8月14日
第2回:2019年11月34日
第3回:2019年12月21日
第4回:2020年1月29日

2)鋼床版の耐久性試験立会(輪荷重走行試験)
日時:2019年4月~12月
場所:国立研究開発法人 寒地土木研究所(札幌)

3)高架橋 現地床版調査
日時:2019年5月
場所:新横浜

4)J-ティフコム試験検証講習(超速硬型J-ティフコム)
日時:2019年6月10~11日
場所:ニチレキ技術研究所

5)東京都歩道橋・跨線橋補修に関するプレゼンテーション
日時:2019年4月、6月、7月
場所:東京都第2、第5建設局

6)コンサル等プレゼンおよび現地調査
日時:2019年10月
場所:長野県内

7) 国交省他の橋梁床版の補修・補強の技術相談の実施

今年度の活動

2020年はJ-ティフコムの施工機械の合理化に関する技術支援を行うとともに建設技術審査証明取得と東京都技術審査の技術指導および協会員(各社)に対する施工認定業務の後援および普及に対する技術講演(全国)を行う予定である。

研究会からの
お知らせ
特になし