トンネル調査研究会

研究会名称トンネル調査研究会 区分SPR-A[災研提案型]
委員長松井 保 構成員委員44名 オブザーバー3名
幹事長 川崎 直樹
活動目的・内容 本研究会は、トンネル地山調査・探査に焦点を当てて、トンネル地山の評価技術の開発・適用等に関する研究を行うとともに、トンネル事業の計画・設計・施工・維持管理の合理化・システム化を目指している。具体的なテーマは以下のとおりである。

(1)地盤探査・調査による可視化技術の合理的な適用方法と地盤の解釈・評価技術のシステム化に関する研究
(2)トンネルの事前地盤調査と設計における高精度化と効率化に関する研究
(3)切羽前方探査・ICT技術活用などによる施工段階における地盤調査と地山評価に関する研究
(4)施工前および施工段階の地盤調査結果に基づく計画・設計・施工・維持管理のシステム化とリスクマネジメントに関する研究
前年度の活動

本年度は新体制に改めて4年目となる。研究会を「施工前の計画・設計における地山評価とリスク評価」(第1グループ)、「施工時の地山評価とリスク評価」(第2グループ)の2つの常設グループに分け、上記のテーマについて下記の活動を行うとともに、評価シミュレーションWG、設計法WGのワークグループで活動を行った。

本委員会
1) 第12回本委員会 令和3年2月5日(コロナ禍のため、令和2年5月11日の予定を延期)           ・各G、各WGの活動報告を行った。
・リスク講習会への準備状況について報告を行った。
・今後の活動方針について議論した
・話題提供:
「土木事業における地質・地盤リスクマネジメントのガイドラインの概要」
村橋吉晴 委員
「穿孔振動探査法T-SPDによる切羽前方地質の評価と施工結果」
谷 卓也 委員
「削岩機の削孔振動を利用したトンネル切羽前方地山の速度分布予測」
塚本耕治 委員

幹事会
1) 第15回 令和2年7月31日(WEB)
・コロナ対応を考慮した今後の活動について議論した。
・リスク講習会の開催時期および形式・準備状況について議論した。
・延期となった本委員会再開について調整した。
・今後のスケジュールについて確認した。

2)第16回 令和2年11月27日(WEB併用)
・リスク講習会の開催方法および時期について議論した。
・研究会体制の変更について議論した。
・今後のスケジュールについて確認した。

3) 第17回 令和3年3月8日(WEB併用)
・リスク講習会の準備状況およびスケジュールについて議論した。
・次回本委員会の開催方法について議論した。
・今後のスケジュールについて確認した。

各グループ活動
1) 第5回1Gミーティング 令和3年2月5日
・主幹事の交代を報告した。
・今後の活動方針および当面の活動内容ついて議論した。

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし