橋は揺れている研究会

研究会名称橋は揺れている研究会 区分SPR-B[共同提案型]
委員長川谷 充郎 構成員59名
幹事長 小野 和行
活動目的・内容 橋は空間を跨いで荷重を通すことを目的とする構造物であり、荷重が移動することにより橋は揺れている。その動的作用・影響が強度設計において衝撃として考慮されることは云うまでもない。

橋の移動荷重による動的応答、すなわち橋梁交通振動に関わる研究は衝撃係数の評価を目的に始まったが、近年は研究の主たる関心が周辺地盤振動あるいは低周波音などの環境振動影響、および橋梁の健全度評価のための振動モニタリングに移ってきている。

本研究会では、古くて新しい橋の揺れている現象を対象に、現実の課題を解明するための調査・研究活動を行うことを目的とする。
前年度の活動

2020年度は、5月および12月に研究会の開催を予定したが、コロナの影響により研究会の開催を自粛した。

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし