鋼橋の強度評価法に関する研究会(USSB)

研究会名称鋼橋の強度評価法に関する研究会(USSB) 区分SPR-A[災研提案型]
委員長小野 潔 構成員8名
幹事長 岡田 誠司
活動目的・内容 平成27年度に部分係数フォーマット版の道路橋示方書の改定が行われた。その改定では耐荷力曲線の見直しも行われているが、より合理的な鋼部材の設計を行う上で今後改定した方が良い事項も少なからず残されている。
前年度の活動

本研究会では、今までの検討に引き続き、主として以下の(1)、(2)の項目について、研究者と実務設計者の協力によって設計法の提案のための検討を行い、より合理的な設計基準の整備に貢献することを目的に検討を実施した。

(1) 鋼橋の合理的な耐荷性能評価法開発のための検討。
(2) 新材料の鋼橋の適用に関する検討。

上記項目の検討を実施する上で必要となる情報を得るため、検討を実施する関係者も一緒に、関連する実験に参加して、データ収集、データ分析を実施するとともに、既往の研究の整理、解析も実施した。また、上記の研究に精通者、設計基準作成者と意見交換等により、最新の研究・検討状況等について情報収集を行い、研究会での検討に反映させるように努めた。

今年度の活動
研究会からの
お知らせ
特になし