J-ティフコム技術研究会

研究会名称J-ティフコム技術研究会 区分SPR-B[共同提案型]
委員長松本 高志 構成員30名
幹事長 三田村 浩
活動目的・内容 劣化損傷が増大しているコンクリート構造物の補修・補強が全国で実施されている。これらの補修・補強には多種多様な工法が使われているが、いずれも早期に再損傷が発生している。これらの問題に鑑み、コンクリート構造物、特に既設橋梁の床版部位に対する補修・補強工法の一手法として、損傷に起因する劣化因子を遮断して、かつ構造部材の剛性向上も見込める超緻密高強度繊維補強コンクリート(以下:J-THIFCOM)の研究開発を行ってきた。

2020年度は、コロナの感染影響のため、詳細の打ち合わせを実施できなかったが、設計・施工マニュアル(案)の補完のため、物性試験の実施とマニュアル各章毎の記載内容について追記修正を行った。高速道路橋の補修工事では、1年後の補修・補強効果について載荷試験を実施し、その性能について継続検証した。また、本材料を用いた補修工事の技術指導と普及のため建設技術展などへの積極的な参加やPR推進を行った。さらに、本材料の評価向上のため、研究機関との共同研究や技術審査等に登録し、全国への普及を促し、我が国の国土強靭化の礎となるよう研鑽することを目的とするものである。
前年度の活動

2020年度の活動報告
1)J-ティフコムの普及に資する設計・施工マニュアル(暫定案)の補完についてWEB会議にて検討を行った。
マニュアル作成集中WG 9月、12月、1月、2月、3月 計5回
2)床版補修工事技術指導および技術プレゼンテーション
日 時:2020年4月~2021年3月
機 関:NEXCO各社、東京都、福北公社、国交省、県・市町村
3)建設技術展に出展
日 時:2020年10月
場 所:マイドーム大阪
4)NEXCO東日本 載荷試験の実施
日 時:2020年10月
場 所:新横浜 法泉高架橋
5)国立研究開発法人 土木研究所との共同研究の実施
短繊維コンクリートWG、鏡面舗装WGの2研究に参加
6)土木学会床版委員会に参加
2020コンクリート舗装マニュアル(案)ガイドラインにJ-ティフコム舗装として掲載される。
7) 東京都建設局の新技術に選定され登録となる

今年度の活動

2021年度はJ-ティフコムの施工機械の合理化に関する技術支援を行うとともに建設技術審査証明取得とJ-ティフコム設計・施工マニュアル(案)の発刊および協会員(各社)に対する施工認定業務の後援および普及に対する技術講演(全国)を行う予定である。

研究会からの
お知らせ
特になし