「トンネル技術者のための地盤調査と地山評価」講習会

平成28年11月8日に発生した福岡市JR博多駅前の道路大規模陥没事故は、都市開発が進む一方で、国内のみならず海外からも注目を集める事態となりました。(一財) 災害科学研究所 トンネル調査研究会と地盤工学会 九州支部との共催で標記講習会を開催いたします。

(一財) 災害科学研究所 トンネル調査研究会では、比抵抗探査および弾性波探査によるトンネル地山の事前調査に焦点をあてて、その有効性や高精度化ならびに解釈・評価の高度化を目指して研究を重ねてきました。それらの成果は、「地盤の可視化と探査技術(2001)」「地盤の可視化技術と評価(2009)」に取りまとめています。さらにその後も、施工段階調査としての切羽前方探査にも焦点をあてて、合理的な事業の進め方や内容に関する事例調査・分析および施工中のトンネルを利用した現地調査・実験を進めてきました。今回出版いたしました「トンネル技術者のための地盤調査と地山評価(2017)」では、事前調査から施工段階調査までを取り扱い、トンネル事業に役立つように、より広い視点から執筆いたしました。

本書の目的は、発注機関や受注機関に関わらず、山岳トンネル建設に関わるすべての技術者を対象として、トンネル建設の計画・設計・施工における地盤調査手法と地山評価手法について、最新の技術と具体的な事例を混じえて、系統的にかつ分かりやすく解説することにあります。特に、切羽前方探査について、多くの紙面を割いています。

本講習会では、本書をテキストとして、研究活動成果を報告するとともに、特別講演を行います。コスト縮減を継続しなければならない社会情勢にあって、的確な地盤情報に基づいた調査・設計・施工を目指す関係技術者にとって有意義な機会になるよう企画しています。ご多忙中とは存じますが、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

 

■ 日時および会場

平成29年11月28日(火曜日)10:00~17:00(受付開始 9:30)

(会場)TKP博多駅前シティセンター 8F  定員130名(地図参照)

■ プログラム

10:00 – 10:05  開会挨拶                                    地盤工学会九州支部        安福規之

10:05 – 10:20  序章                                          (一財)災害科学研究所      松井 保

10:20 – 11:05  第1章 トンネル事業における地盤調査   (株)キンキ地質センター      川﨑直樹

11:05 – 11:50  第2章 地質解釈と地盤評価             村橋技術士事務所    村橋吉晴

11:50 – 12:00  質疑応答

(12:00 – 13:00休憩)

13:00 – 14:00  【特別講演】

「福岡市七隈線陥没事故、あの時何が起こったのか。」(仮題)九州大学     三谷泰浩

14:00 – 14:45  第3章 地盤評価に基づくトンネル設計   (株)ニュージェック   深堀大介

(14:45 – 14:55休憩)

14:55 – 15:40  第4章 トンネル施工時の地盤調査       (株)鴻池組        富澤直樹

15:40 – 16:45  第5章 トンネル切羽前方探査

(株)フジタ     浅田浩章    大成建設(株)     谷 卓也

16:45 – 16:55  質疑応答

16:55 – 17:00  閉会挨拶                             地盤工学会九州支部        安福規之

※各章講師は変更になる場合があります。

■ テキスト:「トンネル技術者のための地盤調査と地山評価」(鹿島出版会刊 255ページ  定価5,400円+税)

■ 参加費:10,000 円(上記テキスト代を含みます) ただし、上記テキスト持参の場合:5,000円

■ 参加申込:参加申込書(別紙)に必要事項を記入の上、E-mail または FAX にてお申し込みください。

申込先 (公社)地盤工学会 九州支部

E-mail:jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp  ホームページ : http://jgskyushu.jp

TEL:092-717-6033       FAX:092-717-6034

定員になり次第締め切らせていただきます。

「AIの土木分野への応用」講習会

「AIの土木分野への応用」講習会

最近、毎日のようにAIという言葉を耳にします。ところが、AIは全く新しい言葉ではなく、過去何回か注目されブームとなり、そして忘れられた過去があります。
それなのに、なぜまたAIが注目されているのでしょうか。
本講習会では、AIとは何か、ビッグデータ解析やi-コンストラクションとの関連はどうなのか、AIは土木分野で本当に役に立つのか、もし応用するのであればどのように使えばよいのか、AIによって将来の我々の生活はどう変わるか、等をわかりやすく解説します。 そして、実際への応用例として、構造物の故障診断、地盤情報の推定、土砂災害の危険度評価、橋梁の損傷度評価を例にとりあげて、その適用の仕方、有効性、将来性について詳しく解説します。
皆様奮ってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

日 時
平成29年11月9日(木)13:00~17:00 (受付開始12:30)
会 場
大阪大学中之島センター 10F(佐治敬三メモリアルホール) TEL 06-6444-2100
大阪市北区中之島4-3-53 (地図参照)
プログラム
13:00 -13:10 開会挨拶                                     災害科学研究所 理事長   松井 保
13:10-14:10  「AIの基礎」                                  関西大学 教授 古田 均
         ・AIとは? ・AIの基本 ・AIビッグデータやi-コンストラクションとの関連
                     ・AIの将来展望
14:10-15:00  「AIの応用例」                               立命館大学 講師 野村泰稔
         ・構造物の故障診断への応用

15:00-15:10 休憩                                                           

15:10-16:00  「AIの応用例2」                            大阪大学准教授(災研研究員) 小田和広
         ・地盤工学分野への応用
                     1)地盤情報の空間推定 2)斜面崩壊に関する危険度の順位付け

          3)豪雨時における斜面の危険度予測 
16:00-16:50  「AIの応用例3」                                  関西大学 教授 広兼道幸
         ・橋梁の損傷診断への応用
15:10               閉会

参加費      3,000円 (講演資料、消費税含む)
参加申込
参加申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、電子メールまたはFAXでお申込み下さい。(申込多数の場合は定員で締切りとさせて頂きます。)

 

 

平成29年度 災研「研究交流会」のご案内

災害科学研究所では、産官学民連携の礎となるべく、活動の多様化・活性化に取組んできており、本研究所の研究員および研究会委員などの関係者をはじめ、一般の研究者・技術者を対象に、「研究交流会」を開催してまいりました。

「研究交流会」では、平成28年度および平成29年度の活動状況について報告すると共に、話題提供、優秀研究賞の表彰および研究成果発表を行います。奮ってご参加頂きますよう、お願い申し上げます。

なお、研究交流会終了後、懇親会を開催いたしますので、あわせてご参加いただきますよう、お願い申し上げます。研究交流会・懇親会へのご出欠につきましては10月10日(火)までに、別紙申込書にて、本研究所宛、ご連絡のほど、よろしくお願い申し上げます。

日時 : 平成29年10月18日(水)13:00~17:00
場所 : 大阪大学中之島センター 7F(講義室703) TEL:06-6444-2100
内容 :
1.平成28年度活動報告および平成29年度実施状況
2.活動報告および討議
3.話題提供「鉄道強靭化の最近の取り組みと課題」
西日本旅客鉄道(株) 常務技術理事 構造技術室 松田好史
4.優秀研究賞の表彰および研究成果発表(研究交流会プログラム参照

参加費:研究交流会;無料、懇親会(17:15~:別会場);4,000円
申込方法:
「災研 研究交流会」は、添付申込書にてお申込みください。

※定員に達しましたので締め切りました。

平成28年度 ネパール地震調査報告会

災害科学研究所にて実施した災害等緊急調査は、その都度、ホームページにて公開しておりますが、今後予想される災害への対応に関する知見、提言を更に一般に周知徹底するため、今秋、「平成26・27年度災害等緊急調査報告書」を出版する予定としております。

今般、このうちの「ネパール地震被害」にスポットを当てた報告会を開催いたしますので、皆様奮ってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

なお、本報告会終了後、引き続いて「平成28年度 災害科学研究所 研究交流会」を開催いたしますので、こちらも合わせて、ご参加いただきますようお願い申し上げます(参加申込書は別紙・研究交流会のご案内を参照下さい)。

日 時
平成28年10月27日(木)13:00~15:10 (受付開始12:30)
会 場
大阪大学中之島センター 7F(講義室703) TEL 06-6444-2100
大阪市北区中之島4-3-53 (地図参照)
プログラム
13:00 -13:10 開会挨拶                                       災害科学研究所 理事長   松井 保
13:10-13:50  「ネパールゴルカ地震の概要と日本とネパールの防災連携強化への取り組み」                                                                            愛媛大学大学院 教授 矢田部龍一
13:50-14:30  「2015年ネパールゴルカ地震による地盤災害とカトマンズ盆地における建物被害の特徴」                    愛媛大学大学院 准教授 ネトラ プラカッシュ バンダリ
14:30-15:10  「ネパールゴルカ地震における山岳地域の被害状況」                                                            研究員・諏訪技術士事務所 代表  諏訪靖二
15:10               閉会
参加費      3,000円 (調査報告書(概要版約50㌻、CD版約230㌻)、講演資料、消費税含む)
参加申込
参加申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、電子メールまたはFAXでお申込み下さい。
申込締切10月24日(申込多数の場合は定員で締切りとさせて頂きます。)
※ 研究交流会のご案内は、こちらから。

平成28年度 災害科学研究所「研究交流会」のご案内

災害科学研究所では、産官学民連携の礎となるべく、活動の多様化・活性化に取組んでおります。平成26年度より「災研 研究交流会」の名称にて、より多くの方々に災害科学研究所の活動内容をご報告し、今後の発展に向けたご意見を伺うとともに、広く研究者・技術者の相互の交流を計るべく、災害科学研究所の関係者とともに一般の方々にも公開しております。

今回は、平成27年度の活動および平成28年度の実施状況についてご報告するとともに、興味深い話題提供も企画しておりますので、奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。
また、研究交流会終了後、懇親会を開催いたしますので、あわせてご参加いただきますようお願い申し上げます。

なお、「災研 研究交流会」の直前には、同じ会場で「ネパール地震調査報告会」を開催いたしますので、合わせてご参加いただきますようお願い申し上げます。

日時 : 平成28年10月27日(木)15:30~17:00
場所 : 大阪大学中之島センター 7F(講義室703) TEL:06-6444-2100
内容 :
1.平成27年度活動報告および平成28年度実施状況
2.活動報告
3.話題提供「熊本地震における被災地に作用した地震動」
研究員・秦 吉弥 (大阪大学助教)
参加費:研究交流会;無料、懇親会(17:30~:別会場);3,000円
申込方法:
「災研 研究交流会」は、添付申込書にてお申込みください。
「ネパール地震調査報告会」のお申込みにつきましては、別途ご案内の書式にてお申込みください。

災害科学研究所「プロジェクトマネジメント」セミナー 「プロジェクトマネジメントの極意」

~ 品質とともに工程と原価を守る仕事術 ~

下記のとおり実施されました。 参加者数 8
名。

プロジェクトの成果は業種、業態によって様々です。しかし、その成果を得るための工程と原価を守るプロセスには、業種、業態を超えた共通の手法があります。そのようなプロセスをつくるノウハウを、プロジェクトマネジメントの極意と名付けています。
本セミナーにおいて、工事・設計プロジェクトを対象に、品質とともに工程と原価を守るための手法を、演習を通じて身につけていただき、どのようなプロジェクトに対しても大いに活用していただきたく思います。奮ってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。
※ CPDS 学習プログラム:4unit

日時:平成28年6月29日(水)13:30~17:00   (受付開始 13:00)
会場:大阪大学中之島センター 4F 講義室405   (大阪市北区中之島4-3-53;別紙地図参照)
プログラム: [ 詳細は、こちら (pdf) ]

  • 設計・工事におけるプロジェクトマネジメントの概要
  • 設計・工事プロジェクトマネジャーに必要な資質とは
  • 品質、工程、原価、安全、環境に関するリスクアセスメントの手法
  • 問題解決手法「リーンコンストラクション」のポイント
  • 設計・工事における工程短縮、原価低減のコツを身につける

参加費:20,000円(講義資料・研修費・消費税含む)
関連書籍も同時購入希望の方は、21,000円(書籍・講義資料・研修費・消費税含む)

参加申込:参加申込書( docx )に必要事項をご記入の上、E-mail またはFAXにて、お申込みください。(申込締切 6月24日、定員30名、申込み先着順)

土工構造物の防災を考える技術セミナー

下記のとおり実施されました。 参加者数 福岡74名 大阪128名。

一般財団法人土木研究センターから平成26年10月に「盛土の性能評価と強化・補強の実務」を発刊いたしました。この技術書は、一般財団法人災害科学研究所に設置した「土工構造物の性能向上技術  普及研究会(委員長:常田賢一)」で 実施した道路盛土、鉄道盛土、宅地盛土などの盛土について、性能評価の視点からの 地震、豪雨などによる 既往被害の分析、性能の評価方法および強化・補強技術に関する調査・研究を取りまとめたものです。最近では異常気象による土砂災害や洪水が多発しており、また、平成27年3月には 「道路土工構造物技術基準」が制定されるなど、土工構造物を取り巻く環境が変化しております。そのような中で、将来の盛土などの土工構造物の防災の方向性を知り、考えて頂くための技術セミナーを開催いたします。

福岡会場

日時:平成28年 6月21日(火)13時-17時
場所:九州大学 西新プラザ  大会議室AB
(〒814-0002 福岡市早良区西新2-16-23)
プログラム:添付資料参照  受講料:6,000円(テキスト代および消費税を含む)
申込み先:(一財)土木研究センター(添付資料参照)

大阪会場

日時:平成28年 7月 5日(火)13時-17時
場所:大阪大学 中之島センター 10階ホール
(〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53)
プログラム:添付資料参照  受講料:6,000円(テキスト代および消費税を含む)
申込み先:(一財)土木研究センター(添付資料参照)

第13回ジオテク講演会

- 地盤に係るトラブルおよび対策事例 -

下記のとおり実施されました。 参加者数 122 名。

今年度の災害科学研究所・ジオテク講演会のテーマは、「地盤に係るトラブルおよび対策事例」です。本講演会では、地盤パラメータの決定に関するトラブルや、地盤改良、シールドトンネル、基礎構造物のトラブル・対策事例から学ぶ教訓をお話し頂きます。
皆様奮ってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。
※ CPD(3.7単位)・CPDS(4 unit)認定

日時:平成28年4月27日(水) 13:00~17:00
場所:大阪大学中之島センター 10Fメモリアルホール

プログラム:

開会の挨拶 災害科学研究所 理事長 松井  保
講演「地盤パラメータの決定に関するトラブル」 北海道大学大学院 工学研究院  田中 洋行
講演「地盤改良のトラブルおよび対策」 株式会社 ニュージェック 坪井 英夫
講演「シールドトンネルのトラブルおよび対策」 株式会社 大林組 金井  誠
講演「基礎構造物のトラブルおよび対策」 京都大学大学院 工学研究科 木村 亮

参加費: 3,000円(消費税、資料代含む)
※ 講演会詳細とお申込みは 第13回ジオテク講演会案内申込書 をご参照ください。
(申込締切 4月25日、定員150名、申込み先着順)

「豊かな海域環境の創生にむけて」講演会--主催:災害科学研究所・沿岸新技術研究会/新波力発電研究会

下記のとおり実施されました。 参加者数 84名。

海域環境は、水質、景観、海象などの様々な要素によって構成されています。沿岸域の利用、防災、管理の在り方は、これらの要素に大きく依存しています。一方、現実には既設海岸構造物の老朽化・延命化、排水(水質)規制と海域の貧栄養化(栄養塩の偏在化)、防災基準高度化と利便性の低下といった解決すべきたくさんの問題点が残されています。
そこで、これらの問題に関連した英国の桟橋に関する調査結果、および本来の防災機能だけではなく閉鎖性海域を含む海域全体の環境改善、海域の有効利用にも資する新しい海岸構造物にスポットを当てた講演会を開催いたしますので、皆様奮ってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。
CPD認定:4.0単位
CPDS認定:4unit

日時 : 平成27年12月8日(火) 13:00~17:10
場所 : 大阪大学中之島センター 7F(講義室703) TEL:06-6444-2100
内容 :詳細は こちら

DSC00002  DSC00011  DSC00005
開会挨拶  出口一郎 委員長
海水交換防波堤の必要性 DSC00008
中山 哲嚴
(水産総合研究センター 水産工学研究所 水産土木工学部長)
栄養塩の偏在化の解消に向けて DSC00010
藤原 建紀(京都大学名誉教授)
 
排水型防波堤の施工例とその実証実験
-佐賀関漁港の例
DSC00013
髙見 慶一(復建調査設計)
 
海洋エネルギーの有効利用
-潮流発電と波力発電について
DSC00018
中村 孝幸(愛媛大学名誉教授)
 
特別講演
「英国の桟橋 -保全・利用・管理」
DSC00021
古土井 光昭(Piers研究会会長)
 
 DSC00025
閉会挨拶  中村孝幸 副委員長

参加費:3,000円(資料代、消費税含む)
参加申込 : 申込書(docxpdf)に必要事項をご記入の上、EmailまたはFAXでお申込み下さい。

平成27年度 災害科学研究所「研究交流会」のご案内

下記のとおり実施されました。 参加者数 54名。

災害科学研究所では、産官学民連携の礎となるべく、活動の多様化・活性化に取組んでおります。昨年度より「研究交流会」の名称にて、より多くの皆様に災害科学研究所の活動内容をご報告し、今後の発展に向けたご意見を伺うとともに、広く研究者・技術者の相互の交流を計るべく、災害科学研究所関係者とともに一般の方々にも公開しております。
今回は、法人の活動および実施状況についてご報告するとともに、興味深い話題提供も企画しておりますので、奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

日時 : 平成27年11月11日(水) 15:00~17:00
場所 : 大阪大学中之島センター 7F(講義室702) TEL:06-6444-2100
内容 :詳細は こちら

平成26年度報告および平成27年度実施状況 事務局
活動報告 理事・金 裕哲(大阪大学名誉教授)
理事・道奥康治(法政大学教授)
平成26年広島豪雨災害の調査報告 調査報告Ⅰ 研究員/大阪大学教授 常田 賢一 IMG_5016
 同 上 調査報告Ⅱ 研究員/NPOシンクタンク京都自然史研究所 中川 要之助
IMG_5017
話題提供「防災行政無線が聞こえない
- 音響学的問題の所在と対処の方法」
研究員/神戸大学名誉教授 森本政之
IMG_5020
  ※研究交流会会場  IMG_5013 (1000x439)
懇親会(17:15~)

参加費: 「研究交流会」無料 / 懇親会 3,000円
参加申込 : 別紙:申込書(pdfdocx)に必要事項をご記入の上、EmailまたはFAXでお申込み下さい。